私が20歳の際、背中が大変痒

私が20歳の際、背中が大変痒くなったので見てみると、多くの吹き出物ができていたんです。



すぐに皮膚科に行きました。診察をして、先生から、「この状態はニキビです。



こうなったのは食生活の偏りなんですが、脂肪分の多いものばかり食べているんじゃないですか?」と聴かれてしまいました。

チョコほどニキビができやすい食べ物はないそうです。
妊娠期間の初期の頃にはホルモンバランスが乱れてしまいますからニキビが出来やすい肌になります。



また妊娠に付随した精神的ストレスもニキビの原因の一つとなります。

さりとて、抗生剤等を使うことは出来ません。ホルモンバランスがちゃんと整えられるように、この時期にはゆっくり落ち着いて、安静に体を休めておくようにしましょう。
そういえば、ニキビは潰しても大丈夫でしょうかか。



実は、ニキビには潰して良いものと潰してはダメな状態のニキビがあります。潰しても良いニキビの状態と言うのは、炎症を起こしたニキビが落ち着いてきて、中にある膿が白くなり盛り上がってきた状態のニキビです。そのような状態になったニキビは、膿が外に出ようと芯が出来始めている時ですから、針や専用危惧を使って行うのの場合には、潰しても大丈夫でしょう。
ニキビに用いる薬は、様々あります。

当然ながら、専用のニキビ薬の方が効き目は高いです。


でも、軽い程度のニキビなら、オロナインでも大丈夫です。


効能・効果の欄にちゃんとぶつぶつややけど、ひび等と供に、記しています。ニキビケアに栄養管理が必要です。脂質や糖質を多く含んでいる物を食べ過ぎることは吹き出物の原因になります。

チョコなどのオヤツは脂質も糖質も多くふくむので、特に食べ過ぎないようにした方が賢明です。

カカオ多分に含有し糖質の少ない物は肌にもいいので、とても食べたい時には成分表を注目しましょう。
にきびの原因として言われるのが、角栓による毛穴の詰まりが、ニキビができてしまうわけのひとつです。気になるのでつい角栓を指でつぶして取り出してしまうと、その場所にニキビ跡ができる原因になります。角栓を詰まらせないように、また、悪く指せない為には、しっかりした保湿をすること、毛穴に皮脂が詰まらないようにする事が、必要不可欠です。白く膨らんだ痛々しいニキビを見つけるとついつい中身を出してしまいます。


白く膨らんだニキビから白い中身が飛び出してくるのがまあまあ好きです。ただ、五回に一回はつぶしても中身が残り、どうしても中身を出そうとした結果、ニキビのあったところが窪んで跡になってしまうのです。そのニキビの後の可哀相な肌を見ながら、ニキビをつぶしてしまったことを反省する為すが、またニキビが出て、白く膨らんでいるのを見るとどうしても我慢できなくなってまた中身を出すべくにきびをつぶしてしまっているのです。


冬は乾燥に注意して皮膚のケアをしますが、そのようにする事が逆に皮脂腺の炎症が増加する誘因になっているように感じるケースがあります。通常は使わないような基礎化粧品などを使うことが素肌への刺激になり、毛穴のつまりや炎症を引き起こして、ニキビが出来てしまう場合があるそうです。



10代の時期、チョコレートやスナック菓子の食べ方が多いと次の日にはニキビが見らえました。

食べ物がここまで影響するんだ、と経験したものです。それ以降、年齢をかさねると供に、食べ物にも用心するようになり、チョコやスナック菓子などは食さないようにしています。

その効能かニキビもすっかり現れなくなりました。

吹き出物が出来てしまうとひどく憂鬱になってしまいます。ですが、実はお肌の調子っておなかの調子と深く関係があるらしいので、腸内環境を良くしたら、意外ときれいになくなってくれます。まずは、快便生活を送るためにキウイフルーツなどの食物繊維が多いものを食べて、いらないものを体から排出していったら、ニキビもさっぱりなくなります。

【関連サイト情報】
アクネレンジャー|素肌の敵!ニキビを考え跡が残らないようにケアしましょう